カードレスが非常に便利

消費者金融などでお金を借りるときには大体の場合において専用のカードを作る必要があります。キャッシュカードではありませんが、悪用される心配もあるので財布に入れておかないといけませんが、財布の中身をちらっとみられたときに消費者金融のカードが見られると都合が悪い、特に家族に借金がばれたくないという状況だった私にとって、モビットのカードレスでの借り入れは非常に助かりました。
ウェブ契約で処理をしたのですが、返済も口座振り込みで済みますし、借り入れも指定の口座に入れてくれて、窓口に出向く必要がないというのは非常に素晴らしい取り組みだと思います。
自分でしっかりお金の管理がしたいという人にはモビットのこういう使い方が一番いいかもしれませんね。

レイクで女性用キャッシング

女性の方も消費者金融を利用する事はあります。

ただ、女性は借金に行くときに不安があると思います、お金を借りる不安や、受付の男が怖い人や怪しい人だったらどうしようと、女性は理屈より感情的で想像が膨らみます。

やはりキャッシング・消費者金融に対してのイメージも良いとは言えないでしょうし抵抗もあり、女性が不安に思ってもおかしくないです。

しかし、金融業者のレイクでは、女性だけ申込めるレディースキャッシングというサービスが設定されておりレディースレイクと言われています。

そもそもレディースレイクとは何か?

これは借金や返済の相談の時に、専用電話番号にかけると、女性スタッフが対応してくれるというサービスで、初めての女性でも安心して質問や相談出来る配慮がされています。

内容自体はレイク一般キャッシングと同様のサービスを受けれます、やはり最初の入り辛い入り口で配慮されている業者は安心して利用できます。

ネット申し込みで審査時間短縮

プロミスで融資までに時間が掛かる事と言えば、申し込みから審査結果が出るまでです。

時間にして30分から1時間程掛かる事もあり、急いで融資が必要な人の場合、慌てている事もあるので、出来るだけ融資までの時間は短い方が良いです。

そこで、急いで融資が必要な人のために申し込みから審査時間を短くして早く融資出来る方法を紹介します。

プロミスで融資の申し込みを行う場合、色々な申し込み方法がありますが、一番おすすめなのは、インターネットからの申し込みです。

何故、インターネットからの申し込みが一番良いのかと言うと、プロミスでは、インターネットからの申し込みは、24時間365日受け付けているからです。

例えば、当日のお昼までに申し込みを行うとプロミスよりメールや電話にて審査のご案内が伝えられます。

審査は、平均30分以内で結果が出るので、その後、本人確認する事が出来る書類をインターネット・FAXで送信する事で希望した金額が指定する口座へ当日中に振り込まれる事になります。

つまり、インターネットが使える事でその場で申し込みから審査・契約・融資まですべて行う事が出来るので、わざわざ店舗や契約機へ出向く時間を省ける事により時間を大幅に短縮する事が出来るのです。

インターネットから契約した場合、融資と返済は、インターネットから行う事も出来ますが、後日郵送で送られてくる無担保ローンを利用する事で提携ATMでも融資と返済を行う事が出来ます。

ただ、振込先が銀行の場合、振込対応は、15時までとなっており、それ以降の時間に融資の申し込みを行ったとしても実際に口座へ振り込まれるのは、翌日の銀行営業時間が開始した後となります。
ただ、楽天銀行を持っている方であれば24時間対応しているので、すぐに取引が完了して口座へ入金されるようです。

プロミスで一度契約を行うとその後は、融資の限度額の引き上げなどを申し込まない限り、審査を再び受ける事はありません。

アルバイターでもいけた

まだ定職にも就いておらず、他社に1件借入れがある状態でした。

そうすぐに定職に就けるのもむずかしいなと、仕方なくアルバイトをしていたのです。

でも我慢も限界、アコムマスターカードに新規借入れを申し込みに行くことにしました。

まだアルバイトも始めて日も浅いし、他社に借入れ1件でしたが、すんなりと50万円融資してくれることになりました。

思ったほどにこちらのお願いも聞いてくれましたね。

自宅確認の際にも、ちょっとしたありきたりな会社のふりをしてかけてくれましたしね。

個人的にはすごくいい感触でした。

対応の仕方も、大手らしいし「口コミ」サイトで上位に入るだけはあるかなと言えますね。

最初の消費者金融会社に比べたら、個人的には大満足ですね。

後にいろいろと聞くと、どうやら現在の総借入額よりも、他社の借入れ数が5社以上になってくると借りれなくなる可能性が高いそうですね。

まあ、私の場合はまだ1社でしたし、楽に通ったのでしょう。

口コミで評判の良いプロミス

口コミで評判の良いプロミスの利用者からの口コミをまとめてみました。

26歳 女性

柔軟な対応をしてくれてとても良い印象を受けました。

プロミスは、CMや雑誌の広告でよく宣伝されていて以前から知っていたのですが、知人から審査は厳しいと聞いていたので、審査に通るか?不安でした。

それでも私は、正社員として数年勤めていて安定した収入があったのと給料日前までになると色々と出費が重なって厳しくなるんですよね。

そこで、自らプロミスの事をネットで検索して調べてみると口コミでの評判は案外良く低金利でありましたが、審査に時間が掛かると書いてあったのが気になりました。

そこで、審査に時間が掛かっても支障の無い休日を利用して申し込みを行いました。

出来るだけ早く借り入れをしたかったので、事前に電話にて申し込みを行い、急ぎの借り入れを希望している事を担当者へ伝えると、10分ほどでしょうか?思っていたよりも早く審査結果が出て融資可能と言われたので、すぐに所有する銀行口座への振込を依頼しました。

そして、店舗を出た後に銀行ATMに行くと希望した金額が振り込まれていたので、スムーズな対応に感激してプロミスを利用して良かったと思いました。

40歳 男性

お金の貸し借りは、時として友人関係を壊すと言われている事から極力友人や知人に対してお金の貸し借りをしていませんでしたが、プロミスであれば友人・知人は関係無く気軽に利用出来ると思い申し込みを行いました。

プロミスと言えば、テレビCMで放送されているし良く見ていたので有名で好印象を持っていました。

色々と書類の記入や提出などがあり、時間が掛かるのではないかと思いましたが、朝申し込みを行い、審査をしてから借り入れするまでに要した時間は、およそ1時間程度だったので思っていたより借り入れする事が簡単だったので、良かったと思います。

しかし、借り入れしやすい事からついつい借入する事がクセになることは気を付けたいと思います。
ほかにも無利息のノーローンなどありましたがプロミスで後悔していません。

ぜひ利用したい地方銀行カードローン

地方在住の方で、給与振り込みが地元の地方銀行口座に決まっている方も多いかと思います。

実はカードローンも、地元の地方銀行に注意した方がいいのです。金利が安く、地元ですから支店も多く便利ですし、自分のメイン口座と一体にすれば、改めてキャッシングカードを持つ必要はないし、自動融資といって、残高不足のときに自動的に不足額を融資してくれ、ついうっかり残高不足を忘れていたとしてもいろいろなところに追って支払いをする必要もありません。あなたの大切な信用情報も傷つきません。

たとえば、私が住んでいる中国地方の主要銀行を見ると、魅力的な総合口座一体型のカードローンがあります。

広島銀行では総合口座プラス30という名前で、当銀行カードだけで30万円までキャッシングできる商品があります。現在金利は最高年9.625%です。これは大手銀行や、消費者金融とは比較にならない低さですね。

自営業の方や、フリーターの方でも、広島銀行と付き合いの長い方なら、比較的審査も通りやすいのではないでしょうか。そして、地元銀行なら、務めている会社や、住んでいる自宅などもきめ細かくチェックしてくれますので、思いがけないほどよい条件で貸してくれる場合もあります。

岡山の中国銀行では、カードローンミニという名前の同様な商品があります。こちらは50万円までで、現在金利は最高14%です。こちらも大手より低めです。

島根県の山陰合同銀行では、銀行カード一体型ではありませんが、カードローンDUOがあります。これは、最高金利が12%、しかも最高融資額が500万円までですから、大手銀行カードローン顔負けの、すごいカードです。

そして、やはり当銀行をメイン口座にしているなら、自動融資を受けることができます。

これらの銀行は、さすがに東日本には支店がほとんどありませんが、西日本、特に中国四国地方なら結構支店網が充実しています。ですから、自分の県のナンバーワン銀行でなくても、その地方の人ならどれでも選んで利用できるでしょう。

四国の銀行でもモビットの取扱店が多数ありますよ!

レイクではじめてのキャッシング

最近聞いた話だと、キャッシングの利用をご主人に話すか、話さないか?と、奥様方に聞いたところ、「一定金額を超えると、話しづらくなる」という意見が多かったです。

キャッシングを「ナニで利用したか?」というのも大きいのですが、例えば車のローンがちょっと間に合わなかったとか、家族のために使わざるを得ないよう場合は、結構堂々と請求するものみたいですね。やっぱり、自分のためじゃないことで使ったお時は、ためらいもあんまりないみたいです。

反対に、「話しづらい」のは、ご自分の欲しいものを買うために使った場合。

たとえば、ブランドものの、服やバッグ、靴、化粧品。

アクセサリーとかの貴金属類。

最近、時々あるのが、「ガラケーの機種変更のために。」なんて話もちらほら。

機種変更は、ふつう、携帯電話会社が独自の分割払いを想定しているものですが、ご主人がメインの契約だったりすると、やりづらいという話も聞きました。

カードローンで買っていても、限度額いっぱいいっぱいになってしまって、これ以上利用できない、というところから、即日キャッシングして買ってしまう、というケースが少なくないみたいです。

もちろん、「ばれたら、怒られる!」という心配があるから、内緒にしておいて、一人で何とかしよう!という考えから、こういう方法に出るんだと思うのですが…。

キャッシングの場合、住宅ローンとは別の枠になるそうで、住宅ローンを夫婦で組む場合などに影響は少ないと思っている人も多いみたいです。でも、そういうタイミングでバレてしまうことも多いみたいですね。

一種の「買い物癖」とか「借金癖」といわれるものも、ないとは限らないみたいです。特に、初めてじゃないとか、何度も繰り返している人の場合、要注意だといえるんじゃないでしょうか?発覚したときの金額が半端じゃないと、離婚騒ぎになるという話も聞きます。特に、最近目立つのは、アラフォーからアラサーの年代の人が、仕事先の破たんなどで、職を失って返済できなくなるというケース。かなり深刻な事態になるみたいですね。

キャッシングといえども、借金です。借り入れていることはご主人にもちゃんと、話を通しておくことが無難でしょう。

カードローンの変化について

現在ほどカードローンが流行ってる時期は無いように思います。

それは世の中が大きく変化してきたからであろうと思っています。

考えてみれば戦後皆、何もないところからのから必死に働き続け、やっと足元を見つめられるようになりまして、そこそこの成長期から高度成長期に入った後に、世の勤め人の給料は現金支給から振込みするように変わってしまいました。

それがその後の家庭生活に大きく影響しました、内容については現金で受け取っていた頃は、給料日には世の奥方は、亭主より現金の給料袋を受け取ると、今月も有難うとと感謝の言葉をいい、またその夕食には亭主に一品多く付けたものでした。

そこで貰った給料を大事に使おう、何とか一ヶ月持たそうと奥様方は必死で頑張ったものでした。

それが振り込みになると、感謝の念もお礼の言葉もなく、ただ銀行へ行けば受け取れると、いう簡単な感じになりまして、仮に生活費が不足するようなこ事になれば、銀行に行けば貸してくれると言う、安易な気持ちが少なからず生まれてきたのではないかとおもいます。

それで一時は消費者金融でなく、ヤミ金と言われる所からお金を借りるのが多くなり、利息や取り立てて方が社会問題となりましてから、それなりの法規制改正指導等がありまして厳しく取り締まるようになり、その後大手銀行の流れくむ所の消費者金融が主体になりまして、強制取立て並びに利子の明確化が確立して、随分と健全な形となってきております。

それで今や銀行カードを発行して貰いますと、銀行に足を運ぶ必要もなく手続きすルコとができて、いとも手早く、また簡単に借用する事ができるとの事、それにまたローンの返済明細についても、自分の希望を入れての作成が可能となる時代でありまして、それはいたせり尽くせりせりの状況のように感じますが、図に乗る事無く慎重に考えて決して、借りすぎに無いように十分な注意が必要と思います。

それにここ20年近く不況で国民が苦しみました、安部政権になって景気が上向いてきてるように思います。

貸付金融会社さんに対しては、お客さんが減少する傾向になるかも知れませんが世が明るくなれば、レジャー等で借りるかも知れません。

困った時にカードローン

私は三十代のサラリーマンです。妻と子どもが一人いるのですが、折からの不況、会社から頂いている給与は全て細君に渡し、小遣いをもらって生活をしているという有様です。

私は趣味で茶器を集めているのですが、妻に言わせれば「お茶碗なら百均ショップで買えばいいじゃない」だそうです。興味のない人にとっては茶器も飯茶碗も変わらないのでしょうが、茶器蒐集は私の唯一の道楽です。だから妻は何も言わせないし、言わせるつもりもありません。

茶器は安いもので数千円。歴史があるものだと万の単位で値段が上がっていきます。安いものなら自分の小遣いや削った昼食費で贖えるのですが、たまにものすごい掘り出し物を古物市や骨董店で発見する時があるのです。その時に私が利用するのがカードローンです。

私は地元の銀行のカードローンを利用しています。カードローンの良い所は、無担保と無保証で良かったということです。とりあえずの収入はあるので審査も簡単でしたし、我が家はその銀行に預金をしています。それが審査を軽くしたのかもしれませんが。

またカードローンはATMでお金を下ろせるのがとても便利だと思います。コンビニのATMでも利用が可能なので、とても重宝をしています。恥ずかしながら、一度だけ飲み屋で手持ちが足りなくなり、店主に頭を下げてから、深夜のコンビニのATMにカードローンを利用したことがあります。

銀行のカードローンは消費者金融に比べて、利息が安いことも助かっています。私の使っているカードローンは、一週間までなら利息が付かないのです。借りる時は返す算段をしてから借りているので、一度も利息は払ったことがありません。

カードローンはとても便利です。しかしいくら便利だからといっても使いすぎると良くないのはわかります。だから私はここぞという時に利用することにしています。本当は自分の身の丈にあった生活をすれば良いのですが、それがなかなか難しいものなのです。

プロミスのカードローン申込に必要なもの

プロミスのカードローン申込に必要なものは、申込のルートによって弱冠異なります。

そこで、まず、申込のルートに関わらず必要なものは、本人確認書類と所得を証明する書類です。

日本の様な先進国で、未だ、IDカードが無い国は非常に珍しくなっています。

欧米諸国では納税番号や住民番号をID番号とするのが一般的ですし、お隣の韓国では国民一人ひとりに住民番号が付与されています。

欧米諸国のID番号や韓国の住民番号に共通しているのは国民に付与された番号は1つで、全て国民1人が1つの番号で管理されていることです。

例えば、運転免許証・年金番号・納税番号・社会保険番号・健康保険番号などが、全て1つの番号に統一されている訳です。

従って、本人確認にはこの番号を確認すれば全て終わりになる訳です。

一方、日本では全ての番号がバラバラです。

つまり、運転免許証番号・年金番号・納税番号・健康保険番号・社会保険番号などが全て違います。

従って、本人確認書類も様々な書類で確認することができますが、結局のところ住所と氏名と生年月日で本人確認しているのが現状です。

この現状を打破するために、民主党政権で「マイナンバー制」の法案が提出されましたが成立しませんでした。

これは日本でいかに官僚による縦割り行政が深刻なのかを物語っています。

つまり、財務省・厚生労働省・警察・税務署などが既得権益を手放さないことが原因です。

その結果、プロミスの本人確認書類には運転免許証や健康保険証が必要ですし、所得を証明する書類として源泉徴収票や納税証明書が必要になります。

また、インターネットからの申し込みには本人名義のメールアドレスが必要ですし、店頭での申し込みには印鑑が必要になります。

また、審査の状況によっては、住民票が必要になる場合もあります。

また、事業者ローンを申込む場合は、営業許可証や納品書・発注書などの事業の実体を証明する書類の提出が必要になります。